【Windows10】ファイル拡張子の関連付けを外したい!【簡単お手軽】

win10でファイルを開く際、ダブルクリックすると出て来る「このファイルを開く方法を選んで下さい」というダイアログ。

これで、関連付けしておくことでいちいち開く方法を尋ねられることなく便利に使えるようになるわけです。

が。

関連付けを外しておきたいことも起こったりするのが不思議なところ。そうなると、

  • 別のアプリケーションに関連付けを変更する

ことは手軽にできても、そもそもの関連付けを外した真っさらな状態には簡単にできないのがWindowsクォリティw

レジストリをいじることで解除はできるっぽいですが、大体の人は「もっと簡単な方法はないものか?」と思っているんじゃないでしょうか? 筆者もそのひとり。

ということで、先人の知恵を頼ってみたところ、なかなかの解決策があったのでご紹介したいと思います。

ま、まずは別のアプリケーションで開く方法から

スポンサーリンク

別のアプリケーションで開くように変更するには

別アプリケーションで開くように変更したい場合は

変えたいファイルを右クリック

「プログラムから開く(H)」を選んで、さらに出て来るメニューから

「別のプログラムを選択(C)」をクリックします。すると選択画面が出てくるので…

たとえば、今後.jsonファイルはサクラエディタで開きたいという場合は「サクラエディタ」をクリックして、さらに「常にこのアプリを使って.jsonファイルを開く」のチェックボックスをクリックして印をつけて「OK」をクリックします。

すると

と、ファイルアイコンが変わって、今後はサクラエディタで開くようになります。

でも、今回はそうではなく、この関連付けを外すのが目標。

というわけで、そのための準備をしましょう。

関連付けを外すための準備編

場所はどこでもいいのですが、わかりやすいところが良いと思うのでデスクトップ上でやってみたいと思います。

デスクトップ上でなにもないところにて右クリックして「新規作成」→「テキストドキュメント」を選びます。

デスクトップ上にできた「新しいテキスト ドキュメント.txt」(今さっき新しく作成したファイル)をリネームします。

リネームはファイルにマウスカーソルをあわせて右クリックし「名前の変更(M)」をクリックすることでできます。

ファイルネームはなんでもいいのですが、拡張子を「.bat」にしておきましょう。ここでは「any.bat」としました。途中、下記のような注意喚起がでてきますが、「はい(Y)」をクリックしてください。

これがデスクトップ上にできていればOKです。

拡張子(.txtなど)が表示されていない場合

もし拡張子が表示されていない場合は、なにか適当なフォルダを開いて

上にあるメニューの「表示」をクリックして、中にある「ファイル名拡張子」にチェックを入れてください。これで拡張子が表示されるようになるかと思います。

関連付けを外したいファイルを先程つくったbatファイルに関連付けする

一体何を言っているのかわからないかもですが、やることは最初に説明した「別のアプリケーションで開くには」と同じことをやるだけです。

まずはファイルにあわせて右クリック→「プログラムから開く(H)」→「別のプログラムを選択(C)」をクリックします。

出てきたダイアログの「その他のアプリ↓」をクリックします。

次にズラッと並んだアイコン部分を下にスクロールさせて「このPCで別のアプリを探す」をクリックしましょう。

するとファイル選択のダイアログがでてきます。ショートカット(左側)の部分からデスクトップをクリックして先程作成したbatファイルを選択します。

「開く(O)」を押すと以下の注意喚起が出てくるので「閉じる」をクリックします。

ここまできたら、あと少しですよ!

デスクトップ上のbatファイルを削除し、コマンドプロントを管理者で実行する

そうしたら、先程作成した「any.bat」を削除しちゃいましょう(ゴミ箱に入れればOK)。

で、次にコマンドプロンプトを管理者で実行します。

簡単なのは、PC画面の左下、「ここに入力して検索」の部分に「cmd」と打ち込んで出てきた結果からコマンドプロンプトを見つけ、右クリック→「管理者として実行」を選ぶ方法かな。

コマンドプロンプトの実行確認が出るので「はい」を選んでください。

コマンドプロンプトの画面が出てきたら

assoc .拡張子=

上記のコマンドを入力してエンターを押します。「=」の後ろに半角スペースが入っているので、注意してください。今回、例で使っている拡張子は.jsonなので

「assoc .json= 」

と打ち込んでエンターをおします。

これで関連付けの無い状態になります!

(ファイルをタブルクリックしてみると、ファイルを開くアプリ選択画面がでてくると思います)

確認できたら、あとはコマンドプロントを閉じて終了です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

レジストリを開いて、該当する部分を見つけ出して関連付けを削除するという流れをするよりも簡単な方法だったんじゃないかと思います。ちなみにassocコマンドは

ファイルと拡張子の関連を表示・設定できる。表示するだけでなく、関連付ける拡張子を変更・削除することもできる。

コマンドプロンプト Windowsの便利な使い方 さんから引用

というものです。コレ単体で変更できればいいんですが、これがそう行かないのがWindows。少し面倒な手順かもしれませんが、何かの参考になれば幸いです!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みやまる より:

    .datファイルを誤ってアプリに関連付けしてしまい、困ってました。
    変更しかできないならと適当なアプリに関連付けして消すしかかないか
    と思い始めたときに、本ページに出会いました。助かりました。

    • tks-kan より:

      書き込みありがとうございます!
      関連付けを外すって普段あまりしないですもんね…お役に立てたようで何よりです。