【人柱レビュー】ATH-S200BTを購入してみた【Bluetoothヘッドフォン】

音楽連続再生40時間持つんですって!(*’ω’*)

というわけで、買ってみたワイヤレスヘッドフォンATH-S200BTです!

…通勤でつかっていたヘッドセットが調子悪くなってしまって、、、ずっと気になっていたヘッドフォンのワイヤレスを物色してて見つけたのがコチラ。

スポンサーリンク

仕様

Amazonで書かれていた使用を引用させていただいてます。

  • ヘッドフォン:密閉ダイナミック型
  • マイクロホン:エレクトレットコンデンサー型
    指向性:全指向性
  • 通信方式:Bluetooth標準規格Ver.4.1準拠
  • 最大通信距離:見通しの良い状態で10m以内
  • 使用周波数帯域:2.4GHz帯(2.402GHz~2.480GHz)
  • 変調方式:FHSS
  • 対応Bluetoothブロファイル:A2DP、AVRCP、HFP、HSP
  • 対応コーデック:SBC
  • 対応コンテンツ保護:SCMS-T方式
  • 【その他】電漂:DC3.7Vリチウムポリマー電池(内蔵式)
  • 充電時間:約4時間
  • 使用可能時間:連続通信(音楽再生時):最大約40時間
  • 連続待ち受け:最大約1000時間
    ※使用条件により異なります。
  • 質量:190g 使用温度範囲:5℃~40℃
  • 付属品:充電用USBケーブル(30cm、USB Type-A/Micro USB Type-B)

まあ、スペックが気になる方向けですが、自分も含めてたライトな方に書くと

  • ヘッドフォンは耳を押し付けるタイプ(耳当てみたいな感じ)
  • Bluetooth接続でスマホでの通話可能
  • ワイヤレス受信距離は10mですが、障害物がない場合の数値
  • 充電4時間で音楽40時間聴けるぐらいのバッテリー
  • 重さ190g
  • USBでの充電で、MicroUSBのタイプBなので表裏の向きがあるやつ

という感じですね(*’ω’*)

なんといっても40時間のタフネスぶりに惹かれて購入しました。

開封してみる

箱はボール紙で白基調のシンプルな感じ。

裏面(もしかしたら両方とも表なのかもですが)からは商品が見られます。

箱の中身は説明書類と本体、USBケーブルの3点。

説明書類の中で、一番最初に使うのは「QUICK START GUIDE」でしょう。

しかし、最近のこの手のGUIDEって絵だけで文字があまりない奴が結構多いですよね。

もう少し説明入れて欲しいと思うのは…自分だけなのかな? ちょっぴり不親切に感じてしまうw

本体のチェック!

では、さっそく取り出して…という前に、ひっくり返して裏側にして、ヘッドフォンを固定している部分を外しましょう~!!

…引っ張っても取れないなーなんてことで、無理やりにやったりしちゃわないように。

ま、やりかけたんですけどね(;´・ω・)

折りたためるっていう情報があるようですが、折りたためるというよりもクルッと90度回って平になるっていうのが正解。

インナーはブルー(他に赤や全体が白のタイプなど全4種類で展開しているようですよ)。

サイズは割と小型な部類じゃないでしょうか?

アタマの鉢が大きい自分だとギリギリサイズ。。。だったりするので、できれば実際に店舗での試し装着をしてみることをお勧めします(*’ω’*)

ちょっとわかりにくいかもですが、手のひらに収まるぐらいのサイズ。

耳が小さい人でも包み込むまではいかないんじゃないかなと思います。

インナーのブルーの奥にスピーカー部分の穴とかが透けてみえますね(*’ω’*)

左側(Lサイド)に各種コントロールが付いています。

装着しているときのスイッチ類操作ですが、慣れれば大丈夫かと思いますが、ちょっとわかりにくい印象。

まあ、慣れなんですかねw

UBSの接続も左側で、さらに本体の電源オンオフは装着時、一番手前になります~。

どうやら一番弱い部分とされているのが長さ調節部分。

このプラスティック部分が割れないようにしたいところですね(*’ω’*)

伸びる量は片側で35mm程度、両側合わせると70mmは伸びる計算になります。

頭頂部分にあたるところはクッション仕様になってます。

これはこれであると無いとでは違う…のかなと思ってます。

ただ、劣化してきてボロボロになったりすると、この手のはつらいんですよね~。

良し悪しはあるもんですし、気になる人は対策しておいた方がいいと思います。

自分は使いつぶしていくタイプなので…自然のままにw

付属はUSBケーブル

充電用のUSBケーブルが付属してます。

してますが、長さは物足りないかなと思います(*’ω’*)

いわゆるありふれているUSBケーブルなので、他のもので代用してもいいのかななんて考えます。

ただし。

あまり100円均一の奴はオススメしないです。

以前は使っていたこともあるのですが、どうしてもコネクタ部分が緩かったりうまく刺さらないことがあったりで壊してしまうことがあったんです。

ケーブル類も相性はあると思うので、色々と試してしっくりくるヤツにするのがいいかなと考えてます。

もちろん、付属品を使ってもまったく問題ないですよw

ヘッドフォンにつなぐ側はmicroのタイプB。

これも一般的だと思うので特に問題ないですかね?(*’ω’*)

差し込み具合は問題なかったですが、これでケーブル長がもっとあれば…残念です。

実際に使ってみて

まず、ペアリングですが

めっちゃ簡単でした!

本体のスイッチを入れるとペアリングの検索状態になってくれる(LEDが青赤の点滅状態)ので、スマホ側のBluetoothをオンにして検索→ATH-S200BTが見つかったらペアリングすれば終了。

LEDが青だけになっていれば完了です(*’ω’*)

音楽については個人的な好みがあると思うので、まあ、その辺りは察してくださいねw

  • 全体的に音量は弱めな印象
  • 併せて低音、高温の特徴はないのでフラットな音質
  • ナチュラルともいえるので、アプリなどでのイコライザー設定で好みに
  • 前述もしてますが、操作に関しては感度は悪くないものの、ボタン単独で触った時に再生部分以外には突起などがないので、判断がすぐにつかない
  • まあ、それも慣れでしょうけどね
  • 音漏れは…そんなにしないとは思います。
  • ノイズキャンセリングはないので、逆に周りの音はそれなりに聞こえてきます
  • 電車とかでも音量次第ですがアナウンスなどがしっかり聞こえたり

あと

  • サイズが小さめなので首が太かったりすると一時的に外す場合に首掛けのつもりが首絞めになりかねないw

って感じでした。

また、電話通話に関しては、最近は本当に電話って掛けないし掛かってこない状態なので、まだ体験してないです。マイクの音拾い具合などは、他の書き込みとかをみるとざわざわしている場所などでは少し難ありっぽいのが気になってます。

体験できたら、追加リポートしたいと思います(*’ω’*)

まとめ

基本的には満足しています! 本当は耳を包み込むようなタイプがいいんですが、なかなか自分好みのモノがみつからなくて…お値段的にもねw

でも、そんな中、

  • 連続使用時間
  • 音質
  • 手軽さ、手ごろ感

悪くないと思います。

夏場には耳が熱いかもなのですが、しばらくは耳当て替わりにもなるし愛用していきたいと思います~!

参考になれば幸いです(*’ω’*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする