Pで作業軽減しましょ

【本レビュー】サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 三戸政和

ちょっと話題になっていたので手に取ってみた新書でした。

普段、あまり新書系は読まないのですよ。

サラリと読めるものの、あまり内容が頭に入らないものが多いような気がしていて…。

今回はいわゆる個人M&Aの指南書というか導入本というか。

興味をひかれたので近所の本屋で購入してみました。

スポンサーリンク

個人的には物足りない内容だったかな…

どちらかというと、実際に会社を購入するという手順をドキュメンタリー風に書いてあるのかなと思っていたんですが、全体的に渡って

という感じでしょうか。

かなり端折った書き方をしちゃってますが、おおよそこんな感じだと個人的に解釈しました。

前述しているように、実際に会社を買うという体験談的なものを読みたかったので、物足りない内容だったかな…残念。

それでもなんとなく働いている人には

会社勤めをしていても、終身雇用ではないですし、非正規雇用の問題や賃金の伸び悩みなど、企業業績が回復してきてるはずなのに、我身にはあまり恩恵が降りてきていないと感じる世の中です。

そんな状態で特に目標もなく働いちゃっている人には、この手の本を読んでみるいいかも。

良くも悪くも「刺激」になるんじゃないでしょうか?

何を始めるのにも遅いことはないとは思いますが、物事を知るのは早い方が得が多いと考えてます。

情報過多なので、取捨選択は大変かもしれませんが、本一冊、自分への知識の投資として読んでみるのも悪くないですよ?

そこまで高いモノでもないですしね。

裏表紙

モバイルバージョンを終了